2011年02月03日

何言ってるんだろ、この人

政治から身を引くはずだった、今日の混迷の原因を作った第一人者である鳩山元総理の迷言。

与謝野氏を「政治家として理解できない」というが、
あんたの方が理解不能だよ!と思った人は少なくないハズ。

引退宣言も事実上撤回し、
政権交代以降の民主党支持率急降下を招き、政権放棄し、
巨額のお小遣いを申告せず結果的に本来申告していれば課税されていたはずの
1億超の金を時効という理由で納税せず、
それでいて尚、自分は悪くないという態度。目立ちたがりな性格。


その一方、与謝野氏入閣はいろいろ批判もあるけれど、
ワタシは与謝野氏本人は一本の曲がらない信念を元に行動しているように思う。

# 任命した管総理にはそれは感じられないが・・・・

単に"大臣の椅子"が欲しいという権力欲でホイホイ誘いに乗ったのではなく
周囲から相当な非難を浴びる覚悟をもって、
それでも尚信じる財政再建を成すために誘いに乗ったのだと。

聞き心地のいいリップサービスばかり言って実現できず
しかも途中で政権放棄して投げ出してしまった鳩山元総理よりも
よっぽどまともだと思うよ。



==引用ここから(産経ニュースより)==
鳩山氏がまた注目発言 小沢氏ヨイショ、与謝野氏バッサリ
2011.2.2 23:06

鳩山由紀夫前首相(AP)
 民主党の鳩山由紀夫前首相は2日、都内の日本外国特派員協会で講演し、強制起訴された民主党の小沢一郎元代表を、「裁判で無実を勝ち取り、将来の日本の展望を開くため強力なパワーを発揮することを期待している」と持ち上げた。

 その上で、「中国との信頼関係がある小沢氏のような人材を積極的に使い、日中関係を正常に戻すことが大事だ」と強調した。

 一方で、与謝野馨経済財政担当相については、「民主党を倒すため、たちあがれ日本を作り、ある日突然、あしざまに批判してきた民主党に協力するのは、政治家としてまったく理解できない」とバッサリ。

 与謝野氏は自民党時代の昨年2月、実母から巨額の資金提供を受けた鳩山氏を「平成の脱税王」と批判しており、鳩山氏は「事実ではない情報をもとに批判を受け、彼に対して激したときがあった」と不快感も示した。
==引用ここまで==
posted by 生活習慣改善中。 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

覚せい剤使用で心神喪失、強盗など無罪に

ちょっと前ですが常識では理解できない判決のニュース。
この記事読んだ時のあまりの衝撃は忘れられません。。

「強盗したけど覚醒剤を使って心神喪失状態だったから無罪!」
・・・なんなんだろう。この理不尽な判決は。

同じ理屈で
「車で事故を起こしたけど酒飲んで心神喪失状態だったから無罪!」
って判決が出てもおかしくない。

ところが実際には飲酒運転での事故の場合、
酒飲んで心神喪失状態だと軽く酔ってる状態よりも罪は重い。

07/9/12に「飲んだけど酔ってない。」で取り上げたケースでは
泥酔(酒酔い運転)の方が罪が重いので、飲んだけど酔ってない(酒気帯び運転)という主張が展開されていたりします。


覚醒剤にしろお酒にしろ、
事件・事故の原因となった覚醒剤使用や飲酒運転を罰するのは当然。

その結果として心神喪失状態で起こした事件・事故について
免罪とするのか責任を問うべきなのか。

覚醒剤の事例では免罪となり、
飲酒運転の事例ではむしろ罪が重くなるという明らかな矛盾。

ワタシの考えとしては、
心神喪失状態にあるのは加害者の都合であって被害者には何の関係もないし、直接の被害者だけでなく今後同様な事件・事故に巻き込まれる可能性を感じる一般の人々からすれば、精神状態や責任能力の有無によって量刑を代えるのではなく、正常な状態と同等に責任を問うのが当然だという意見が大多数なのではないかと思う。


覚せい剤使用で心神喪失、強盗など無罪に 岐阜地裁
〜〜引用ここから〜〜
2008年3月18日(火)06:04
 覚せい剤所持・使用や不法残留、強盗致傷など10罪に問われたイラン国籍、名古屋市千種区上野、塗装工ジャムシッド・モハマディ被告(34)の判決公判が17日、岐阜地裁であり、田辺三保子裁判長は覚せい剤所持・使用と不法残留のみ有罪とし、懲役2年執行猶予4年(求刑懲役10年)を言い渡した。覚せい剤使用後に及んだ強盗などは「覚せい剤の影響で心神喪失の状態にあった」と無罪を言い渡した。

 ジャムシッド被告は06年6月6日、岐阜県海津市南濃町の国道で乗用車を運転中に対向車と衝突した後、自分の車を乗り捨てて他の車を次々奪ったとして、強盗容疑で県警に逮捕された。43分の間に、車の強奪や当て逃げを繰り返し、女性3人に重軽傷を負わせたとされるが、ジャムシッド被告は「何も覚えていない」と供述していた。
〜〜引用ここまで〜〜
posted by 生活習慣改善中。 at 12:56| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

現場と役人の感覚の乖離。

当直勤務中の救急隊・隊長が病気で意識を失った次女を救急車で運んだことが、
救急車の私的利用だとして懲戒処分された、というニュース。

いくら公務員に対する世間の風当たりが強いといっても
こんなの処分すべき事案じゃないだろう、と思う。

情状酌量すべき余地がいくらでもあるのに
懲戒免職に次いで重いという停職6月の処分を下した消防本部の判断を疑うね。


情状酌量すべきと思うのはざっと以下の点。

1.独断での行動ではなかった。
→きちんと上司の判断を仰いで帰宅の許可を得ていた。
→相談を受けた上司は「救急出動に支障がないことを条件に」一時帰宅を認めた。真っ当な条件だと思う。

2.業務への支障を考慮すると救急車での帰宅は妥当だった。
→上司の一時帰宅許可の条件は「救急出動に支障がないこと」。
 隊長が突然休みを取って帰ってしまっては当然支障が出るわけで、
 要請があればそのまま出向ける体制ということで、救急車に部下を乗せて一時帰宅するのが理に適っている。
 しかも出張所から隊長の自宅まで3分で着いている。
 管轄が違う地域とはいえ、救急出動の必要があっても支障が無い程度の距離だったのだろうと思う。

3.搬送したのは病気で意識を失った人である。
→家族であろうとなかろうと、救急隊員が目の前にいる病人を運ぶのは当然だ。
 管轄が違うから119番してとか規則だから運べない、なんて有り得ない。
 今回は家族を運んだから私的利用だ!とされてるけど
 これが家族じゃなくて例えば隣に住んでるお婆さんだったら?
 例えば交通事故の現場にたまたま通りかかってしまったケースだったら?


一つ一つ、その立場に自分が立った時にどう考えるか想像すると
今回の隊長の行動、隊長の一時帰宅を許可した上司の判断も
いずれにしても間違った事はしていないと思う。

複数の人が処分を受けたようだけれど、処分を下した上層部は
今後同じようなケースでどのように対応すべきだと考えているのか。
現場の感覚がなく、具体的にどう行動すべきかという考えもなく
ただ単に「私的利用すんな」という程度なのでは。



藤沢市消防本部:救急車を私的利用、救急隊長を懲戒処分−−南消防署 /神奈川
〜〜引用ここから〜〜
当直勤務中に救急車で帰宅し、その救急車で病気の次女を私的に運んだとして藤沢市消防本部は19日、同市南消防署警備1課の男性救急隊長(59)を停職42日に、帰宅を認めた上司で同課の男性主幹(56)を戒告の懲戒処分とした。隊長は19日、依願退職した。

 市消防本部によると、隊長は1月19日午後5時過ぎ、南消防署苅田出張所(同市本鵠沼4)で、茅ケ崎市内の自宅にいる妻から携帯電話で20代の次女の容体急変を知らされた。南消防署で当直責任者をしていた主幹に「様子を見に行きたい」と連絡。主幹は救急出動に支障がないことを条件に、同じ隊の隊員2人を乗せて救急車で帰宅することを認めた。

 救急車は5時21分ごろ出発し、一時サイレンを鳴らして約3分後に自宅に着いた。次女はすぐ意識を失い、隊長は次女と妻を救急車に乗せて、通院している茅ケ崎市立病院にサイレンを鳴らし約10分かけ搬送した。出張所の救急車は1台だけ。6時35分に戻るまで出動要請はなかった。

 隊長は「今までにない症状で動転した」と釈明したが、消防本部は「出動する必要があったら支障を来たした」として、懲戒免職に次いで重い停職6月に当たると判断。隊長は3月末で定年のため、残り42日間の停職処分とした。

 金子司洋消防長は記者会見し「職務を忘れ、救急車を不適正に利用したことは信用失墜行為に当たる」と謝罪。南消防所長ら3人を文書訓告し、隊員2人も文書で厳重注意した。【山田研】

毎日新聞 2008年2月20日
〜〜引用ここまで〜〜
posted by 生活習慣改善中。 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

不幸中の幸い?

自動車強盗をしたものの、MT車だったので運転できないと諦めた強盗のニュース。

なんとゆーか。。。
こう言っちゃなんだけどこの犯人、間が抜けてて笑えてしまう。。

とはいえ被害にあった側から見れば
財布と携帯持って行かれた時点で十分被害を被ってるわけで
クルマまで持ってかれなくて済んだ・・・という程度のこと。

こういうのを不幸中の幸いと言っていいんでしょうか?
十分、不幸のような気もしますが。。


posted by 生活習慣改善中。 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

防護装甲車増産中



対地雷・対待ち伏せ攻撃の防護装甲車が増産されてるというニュース。

需要は当然、イラク・アフガニスタンでしょうね。

それにしても1台100万ドル(≒1億1千万円)

写真だけだとどのくらいの輸送能力があるのかよく分かりませんが
庶民の感覚からすると驚くほど高いよね。。

人の命より重いものはないというキレイ事なフレーズも頭によぎるけど、
実際のところ、普通のヒト一人の値段は1億円になんてならない。
普通のヒトは生命保険にいくらかけてますか?
普通のヒト一人が戦地で亡くなった時、遺族への保障はいくらかかってますか?

まぁこんな意見は穿った見方だけどね。と自覚してますよ。


人命も守れるし作戦も予定通りいくし、
この装甲車にはそれだけの価値があるという判断なんでしょう。
posted by 生活習慣改善中。 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

パラレルワールドは存在するか?



仮にパラレルワールドが存在するとしたら、
その数は一体どれほどのものになるんだろう。

パラレルワールドは量子論の不確定性原理から導き出される可能性の一つ。

不確定性原理というのは、
観測者が観測するまで素粒子の状態が決まらないという原理で、
例えば原子を構成する電子は原子核の周りにあることは分かっているけど
原子核の周りのどこにあるのか、どういう方向に動いてるのかは
観測する瞬間まで決まらない。

この不確定性原理を説明する有名な話として
シュレディンガーの猫というのがあります。

量子論的に放射線を出す/出さないが決まる放射性物質が
放射線を出したら毒性のある青酸ガスでいっぱいになるような箱があるとする。
その箱の中に猫を入れたらどうなるか?

不確定性原理によれば外から観測されるまで放射線が出るか出ないかは決まらないので
従って、猫の生死も観測するまで決まらない。

しかし箱の中の猫から見れば観測者が箱を開けて観察するまでに
生きるか死ぬかが決まってしまう。

猫自身にとってはどちらか一つが確定した状態になっているのに
箱の外では生きた猫と死んだ猫の両方の可能性があって
箱をあけるまでは決まらない。

パラレルワールドがあると考えるとこの矛盾した状態も
それぞれ別の世界に分岐したのだ、という説明が成り立つ。

そんなわけで、パラレルワールドが考え出されたのは
量子論に基づいてると思うんだけど、そうだとすると
ある瞬間に素粒子の数だけパラレルワールドが産まれていることになるわけで、
全く想像を絶する話になりますね。。
posted by 生活習慣改善中。 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

米判事、突然のご乱心

アメリカの裁判中、傍聴席で携帯電話が鳴った事を理由に
傍聴者46人全員を拘束した判事さんが職を失いました、というニュース。

なんだか・・・この判事さんがやりすぎだという理由で
免職されるのは当然の処置と思うけど、
拘束された傍聴者はたまったもんじゃないですよね。。

携帯を鳴らしてしまった誰か一人はある意味自業自得としても、
(それにしてもやった事の割に重い罰則のような気がしますが)
それ以外の45人は単なる巻き添えですからねぇ。。

拘束された人の多くは保釈金を積んで釈放された、
保釈金を払えなかった14人は拘置所に入れられた、
ということですが、この保釈金は戻ってくるのかな?
保釈金って普通はその後に裁判が終わると返してくれると思うけど
この46人は全員「裁判所で携帯鳴らした罪」で裁判にかけられた、
ってことですかね・・・・?

というか、拘束はともかくとしても、
拘置所に入れる前の身体検査で携帯持ってるかどうか分かるはずでしょう。
この段階で濡れ衣の人は無罪放免できるはずなのに
なんでわざわざ保釈金を払わなければならないのか。

考えれば考えるほど、この免職された判事の行動は常軌を逸してますね。
これまでの経歴には何の汚点もなかったということですが、
突然のご乱心、なにか悩みでもあったんでしょうか。。


【こぼれ話】携帯の着信音が原因で免職=米の判事
〜〜引用ここから〜〜
【ワシントン1日AFP=時事】米ニューヨーク州でこのほど、法廷の審理中に傍聴席で携帯電話が鳴ったことから傍聴していた46人を拘束した判事が免職となった。
 ロバート・レステーノ判事が2005年3月に同州ナイアガラフォールズでの審理中に、傍聴席の携帯電話が鳴った。同判事は誰の携帯か名乗り出るよう求めたが、誰も名乗り出なかったため、46人全員を拘束。多くの人は保釈金を積んで釈放されたが、保釈金を払えなかった14人は郡の拘置所に入れられたという。
 この一件を調べていた同州の司法審査委員会はこのほど、46人の人々を不当に拘束した同判事の行為は司法権力の乱用であり、司法に対する国民の信頼を回復不能なほどに損なうものであると批判。同判事の経歴にはこれまでに何の汚点もなかったが、この度の行為は判事の役割を著しく逸脱しているとして、解任が妥当との判断を下した。〔AFP=時事〕
〜〜引用ここまで〜〜
posted by 生活習慣改善中。 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

光の減速・制御が可能に?

正直、記事を読んでも難しくてよく分からないんですけど
光を減速させたり停止させたりする事に成功したよ、というニュース。

詳細は元記事↓を見てもらうとして、要約すると
負の屈折率を持つメタマテリアルの層で「サンドイッチ」状に囲んだガラスのプリズムを作り、このサンドイッチの中に光を閉じ込める、ということらしい。

「光の速さは一定」という相対性理論の原則との整合性はどうなってるんだろう?

一つ考えられるのは、光を閉じ込める「サンドイッチ」の中では
光がグルグル回って光速を維持している、という状態。
これなら外からは止まって見えるけど光速一定とは矛盾しない。

詳細が知りたいですね。

ラベル: 停止 技術
posted by 生活習慣改善中。 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

米原発への爆弾持込

アメリカの原子力発電所にパイプ爆弾が持ち込まれる寸前、
発電所の検問で発見されたというニュース。

検問で発見されてよかったですが、テロ未遂事件でしょうか。

想像ですが、
原発は事故や地震や台風、軍事攻撃などを想定した安全対策がされた、かなり頑丈な施設なので
もし仮に原発内で持ち込まれた爆弾による爆破があったとしても
原発自体へのダメージ、周辺への放射能漏れなどの被害については
余程的確な場所を攻撃しない限り、ホトンド実害ないんじゃないかと思う。

実害以上に世論へのインパクトは強いだろうね。
代替エネルギーのアテもなく、ヒステリックに原発撤廃に傾斜するだろうから
それが狙いだったのかもね。

---
それにしても検問でちゃんと爆弾見付かるんですね。

検問での検出率ってどのくらいなんだろう。
近所の米軍基地も入り口で検問やってるけど
そんなにシビアなチェックしてる様には見えない。
今回の原発も、勤務してる人が皆通るんだから似たようなものでしょう。
モノにも拠るだろうけど、検出率は50%にも行かないんじゃなかろうか。

だとすると今回の事件は氷山の一角。
既に持ち込まれてたりこれから持ち込まれる爆弾があっても
なんにも不思議ではないですよね。

ゴキブリ1匹見かけたら他に30匹はいると思えと。


posted by 生活習慣改善中。 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースへのコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

イーバンク銀行、大丈夫かな?

ネット専業銀行のイーバンクがやばそうです。

イーバンクは
・入出金手数料無料(実質何度でも)
・同行間振込み無料
・他行振込み割安
・預金金利高め
ってのが他の銀行との差別化のポイントです。

実際、これらの点が(おそらく)支持されて
2007年度第1四半期決算(公式サイト)までは
順調に口座数・取扱決済件数・預金残高を伸ばしてきたわけです。
(まだ第2四半期決算の情報は公表されてません。)

が、、ここに来てとんでもない事を言い出しました。。

2007年10月31日付けでHPで周知された情報
イーバンク銀行:ATM利用手数料変更のお知らせ
イーバンク銀行:サービス内容の一部変更について


「無料で何度でも」ATMで入出金出来ますよ!とアピールしてきたのに
突然、無料なのは1〜5回まで、それを超えたら一回210円ね!
と言い出したわけです。
しかも入金でも1回なので無料分を超えたら1回210円とられる。

出金だけなら他の大多数の銀行でも時間外だったり
他行ATMだったりと条件によっては手数料210円かかる場合があるので
ちょっと高いけどそれほど非常識ではない。。。かもしれない。

けど、非常識ではないけども今までさんざん強烈にアピールしてた点が
他と変わらないか若干劣るくらいまで改悪されてしまいました。。

さらには入金で手数料取るって。。
他の銀行ではほとんど聞かないよね・・・

# 入金手数料は同じネット専業のジャパンネット銀行にもあるけど
# 普通に使ってれば(5万以上残高があれば)無料です。

しかもしかも、給与振込み利用者向けのサービスだった
振込み手数料無料が5回から3回に減ってしまいました。。
ぇー・・・2ヶ月ほど前に知って、今月分から給与振込み始めたばっかなのに。。


最初に触れたとおり、イーバンク銀行の差別化要因は
・入出金手数料無料(実質何度でも)
・同行間振込み無料
・他行振込み割安
・預金金利高め
でした。

他の銀行とは違うよ!とアピールしていたサービスの相次ぐ改悪。

その理由は?
イーバンクからは制度変更の理由は何も発表されていません。。
理由も公表せず代替となるサービスの提示もないので
改悪以外のなにものでもない。

ネットの一部では経営悪化?サブプライム問題で倒産の危機?
周知一ヶ月後からの性急な値上げは資金繰りに困ってる証拠では?
など、かなり話題になっている模様。。

-----
イーバンク銀行は使い始めてから数年の付き合いです。
今まではメインに郵便局を使ってました。

この夏頃から郵政民営化のタイミングに合せて
メインバンクをイーバンクに変えようかな〜と
クレジットカードの引き落としとか給与振込みとかを
少しずつシフトしてたとこだったんだけど、
今回の件で完全にストップがかかりました。(−−;

私の場合だと、ATM入出金無料が月3回までです。
給与口座なので生活費も必要に応じて出金が必要。
一般庶民なんで現金で何十万も持ち歩く趣味はない。
だから必要に応じて引き出すわけですが・・・3回て。。
計画的にご利用すればいいんだろうけど
計画外のご利用もあるわけですよ。。まともに使える気がしません。

それどころか、これほど集客にダメージを負うであろう値上げを
なんの理由も示さず代替サービスもなしに踏み切るあたり、
そうとう経営がやばいんじゃないかという風評も否定できないです。

今、預けてる給料もやばいなと。。。
さっさと引き出して郵便局にもどしとこ。。。
posted by 生活習慣改善中。 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。